商品詳細

「のだ」の文とその仲間 文構造に即して考える

7,128円(税込) [本体価格:6,600円, 消費税:528円]

山口佳也 著/判型:A5/ページ数:312/発刊:2011.5.1


「のだ」の文は、文末に助動詞「のだ」が付いた文というより、「-の+だ」という述語をもつ名詞文と見る方がより合理的とは言えないか。その立場から、「のだ」の文のほか、その仲間の「わけだ」、「はずだ」その他の文の分析を行った、日本語学必携の一冊。

ISBN: 978-4-385-36513-8

数量: